NYT-最新のニュースから世界の出来事まで/にゅぅぁあああっつ

毎日更新中!最新のニュースから世界の面白い出来事まで、解り易いマンガやイラストと共に紹介します。相互リンク、相互RSSなどお気軽にお問い合わせください。

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

ウニはトゲトゲ含め全身が「眼」だということが明らかに  このエントリーをはてなブックマークに追加

zennshinngame.jpg


海の生物のウニ。特徴的なトゲトゲを持っていますよね。

どこに目があってどこに鼻があって・・・って考えてみると、一体どこがどうなってるのかわかりませんよね

あまりウニウニ言ってるとゲシュタルト崩壊するのでお気をつけ下さい。

そんなウニの生態が少し明らかになりました(まだ可能性の域ですが)。


この海生無脊椎動物(ウニです)は、はっきり眼とわかる構造を持たないにも関わらず、光に反応していました。

しかし、どこの器官でどのように見ているかは謎だったのです
(意外ですよね)。


人間は網膜で光を捉えています。人間の網膜は眼球の内側にあり、眼球に入った光は色素細胞が選別(言い方は違いますが)し、遮断、吸収して前方向の景色を見ています。


さて、ウニはどうでしょう。

ウニの網膜(と同じような働きを持った部分)は皮膚に不規則に散らばっていて、人間で言う色素細胞の役割はトゲがしていたと考えられていました。トゲによって光を遮断していたと考えられていたわけです。

しかし今回の研究で

そのトゲ自体にも光を感知する機能が備わっていることがわかりました。ウニのトゲは同時に眼でもあったわけです。

面白いですよね、トゲの数や配置がそのウニの視力に深く関わっているんですから。

ウニの視力検査は、実際に測らなくてもトゲのセンス(!?)を見ればわかりますね。
いくら全身に眼があっても、敵を発見してもすぐに逃げられないんじゃ意味がないじゃん!というのはウニには言ってはいけません。

ナショナルジオグラフィックニュース


↓↓このサイトは何位にいるかな!↓↓
 人気ブログランキングへ








生食用ウニ300g(100g*3)数量限定[築地市場から全国直送][2セット(600g)で送料無料][訳あり(ワケアリ)じゃない正規品]   生食用 うに 業務用 訳あり 激安 お寿司屋さん仕様の ムラサキウニ 大きさ無選別の わけあり

関連記事
スポンサーサイト

| ニュース | 05:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nyululaa.blog.fc2.com/tb.php/74-9713bf28

TRACKBACK

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。