NYT-最新のニュースから世界の出来事まで/にゅぅぁあああっつ

毎日更新中!最新のニュースから世界の面白い出来事まで、解り易いマンガやイラストと共に紹介します。相互リンク、相互RSSなどお気軽にお問い合わせください。

スポンサーサイト  このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

視力をips細胞(万能細胞)移植で回復させることに成功  このエントリーをはてなブックマークに追加

ips2.jpg




ips細胞とは、人工多能性幹細胞、新型万能細胞とも呼ばれる細胞で、どんな細胞にもなることが出来るまさに、万能な細胞のことをいいます。植物(木など)を茎から切ってもまた生えてくるアレだと思ってください。

移植のドナーがいなくても、患者の細胞からips細胞を作ってそこから臓器を作ってしまうことも可能です。もちろん本人の細胞なので拒絶反応も起きません。

血液一滴からもつくれるとか。

男性から卵子を、女性から精子を作ることも可能ということで、同性でも子供が出来るという可能性まで秘めています。医学と科学の進歩は時にSF小説でもバカにされる様な技術を実現させますね。倫理観が医学に追いつかないという奇妙な現象も起こってしまいます。

こう説くと未来の技術って感じがしますが、研究は結構な段階まで進んでいるようです。


今回、 米ハーバード大学スケペンス眼研究所のチームは、マウスに新型万能細胞(iPS細胞)を移植し、目の網膜を修復する実験に成功しました。

網膜が無くなる病気のマウスにips細胞を移植したところ、なんとその細胞は数週間後には網膜の位置に、網膜の役割を持った細胞として再生していたのです。網膜が出来たといっても過言ではありません。

これは凄いことですよね、何らかの原因で視力を失ってしまって(眼球自体破損してしまった場合でも)もisp細胞から破損した細胞を元の状態で作り出し、視力を回復させることも夢じゃないということです。もちろん眼球だけに限った話ではありません。悪くなったところに移植すれば元気な状態で再生されますものね。
ips.jpg

もちろんその段階にはまだ到達していませんが、今回のような実験の成果で、様々な病状への応用が期待されます。

ハーバード大学

日経新聞



↓↓このサイトは何位にいるかな!↓↓
 人気ブログランキングへ











日光種苗 万能小ねぎ[1725] 種子
関連記事
スポンサーサイト

| ニュース | 03:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://nyululaa.blog.fc2.com/tb.php/72-04e6eb5d

TRACKBACK

人気ブログランキングへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。